スーパーファミコンで発売された「箱庭ゲーム」全7タイトルを一挙紹介!【さぼろぐ! Vol.6】

SFCで発売された「箱庭ゲーム」一覧

すん

まずは一覧をどうぞ。

SFC「箱庭ゲーム」発売順
さぼろー

スーファミで発売された「箱庭ゲーム(ミニスケープ)」は全部で7タイトル。「シムシリーズ」から4本、「A列車で行こう」シリーズから1本、「テーマシリーズ」から1本、そして「牧場物語シリーズ」から1本と、箱庭ゲーム好きなら必ず知っているであろうゲームシリーズの作品ばかりだね。どちらかと言えば大人が好むジャンルということもあって、どのタイトルも箱説有りで保存状態が良いソフトを見つけるのは難しくないよ。今回のコンプリート難易度は「★☆☆☆☆(星1つ)」。それでは個別にざっくりと解説していこう。

すん

中古相場(※月一で更新)も載せてます。

※画像は駿河屋さんの商品ページにリンクしています。

1.箱庭ゲームの元祖!『シムシティー』

箱庭ゲームの元祖ともいえる都市開発シミュレーションゲーム。SFC版は任天堂によって移植、販売されていることから、同社の人気キャラである「マリオ」「クッパ」がゲーム内に登場したり、ゲーム制作者のウィル・ライト氏をイメージしたキャラ「Dr.ライト」がプレイヤーのサポート役として登場したりと、任天堂らしい面白いアレンジがなされている。

箱説無し:300~400円 箱説有り:500~700円

すん

前にも言ったけど「シムシティ」じゃなく「シムシティー」だよ。パッケージにちゃんと書いてあります。伸ばします。

さぼろー

大事なことなので、二回言いました。

sim-city-001

シムシティー【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.22】

2.今度は惑星を開発!『シムアース』

プレイヤー自らの手で惑星の環境を自由にコントロールして新たな地形を創造したり、そこに誕生した生物を観察するなどして楽しむことが出来る「惑星開発」がテーマの箱庭SLG。一から新たな惑星を創造するだけではなく、既に存在する惑星のテラフォーミングなどが課題となる全8つのシナリオで遊ぶことも出来る。本作以降、シムシリーズのSFC版移植作は全てイマジニアから発売されている。

箱説無し:300~500円 箱説有り:600~800円

すん

よし、火星にカエルを誕生させるぞ!

さぼろー

なら先ずは地表に液体の水を作りださないといけないな~。さて、何から始めようか?

sim-earth-001

シムアース【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.23】

3.ハードの限界を突破した『シムシティ2000』

都市開発シミュレーションゲーム『シムシティー』の続編。本作より「クォータービュー(斜め上からの見下ろし視点)」が採用されたことで、地形や高層建築物などを利用した立体的な街づくりが可能となった。「地下鉄」「高速道路」など都市計画の自由度を増す建築物の追加、「医療」「教育」「水道」といった新たなインフラの概念の登場によりゲーム内容は前作から大幅にパワーアップ。しかしそのため膨大になったデータを処理しきれなくなり、SFC版では「ロード時間の異常な長さ」という致命的な問題を抱えてしまった。

箱説無し:300~500円 箱説有り:600~800円

さぼろー

前作と比べて自由度が格段に上がって、色々な街並みが再現出来るようになったのが嬉しいね。ロード時間の長さにだけ目を瞑れば今でも十分遊べる良く出来たゲームだよ。

すん

『シムシティー』とは全くの別ゲーに感じるな。視点が変わっただけでこんなにも面白さが増すなんて⋯⋯。

sim-city-2000-001

シムシティ2000【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.25】

4.育てて楽しむ鉄道ジオラマ!『A列車で行こう3 SV』

アートディンクにより開発・販売されている鉄道経営SLG「A列車で行こうシリーズ」の第3作目にあたるゲームタイトル。クォータービューで描かれた箱庭都市の中でプレイヤー自ら鉄道会社を経営し「線路の敷設」「車両購入」「時刻表の作成」といった業務を行ったり、デパートや工場などの子会社を経営することが出来る。事業を通じて都市を発展させ、その中を走る鉄道車両を眺めて楽しむ「育つ鉄道ジオラマ」とでも言うべきユニークなゲーム性は、SLGファンのみならず数多くの鉄道ファンをも虜にした。

箱説無し:300~400円 箱説有り:500~800円

すん

難しい!けど面白い!これでやっとプラレールが手放せるよ⋯⋯。

名前

⋯⋯ハハ。これがプラレールの代わりになるかは分からないけど、鉄道好きなら絶対にておくべきゲームだよね。

a3-sv-001

A列車で行こう3 スーパーバージョン【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.46】

5.目指せ!世界一の『テーマパーク』

エレクトロニック・アーツから発売された遊園地経営シミュレーションゲーム。世界各地に存在する全10ヵ所の遊園地を経営し、それぞれに設定されたクリア目標を達成していくことがゲームの目的となっている。CS(顧客満足)やクレンリネスの概念をいち早くゲームシステムとして導入した作品で、プレイヤー自らが「来場客の目線」「経営者の目線」の両方に立って現状を分析し、遊園地開発を行うという奥深いゲーム性がウリだ。

箱説無し:300~400円 箱説有り:1000~1200円

すん

⋯⋯なるほど。要するに「客から金を巻き上げる方法」を考えれば良いんだね。

さぼろー

全く夢もへちまもない言い草だな~。でもあながち間違いでもないか。遊園地などの娯楽施設はどれも安全性の次くらいに収益性・効率性について考えられ、突き詰められているはずだよ。

theme-park-001

テーマパーク【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.50】

6.ゲーム内容もお子様向け?『シムシティJr.』

『シムシティー』より単純で分かり易いゲームシステムに加え、規模の小さな町づくりをテーマとすることでユーザー層の拡大を狙ったまさに「お手軽版シムシティー」となるべくして作られたであろうゲーム作品。しかしその中身はゲームバランスの悪さ、自由度の低さが目立つ「劣化版シムシティー」でしかなく、新規ユーザーはおろかシリーズファンにさえそっぽを向かれてしまった非常に残念なタイトルである。

箱説無し:400~700円 箱説有り:1000~1200円

すん

製品化前にちゃんとテストプレイしたのかな?建てても建てても壊されて、全然ゲームが進まないんだけど⋯⋯。

さぼろー

遊べば分かるこの理不尽さ。いわゆる「クソゲー」を取り扱った番組やゲーム関連書籍などでは何故か全くノーマークなタイトルだけど、これこそ本物のクソゲーってやつだよ。しかしだからこそ!挑戦し甲斐があるってもんだ!

sim-city-jr-001

シムシティJr.【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.26】

7.自由気ままなスローライフ『牧場物語』

「牧場物語シリーズ」の礎となった記念すべき第1作目のゲームタイトル。農作物の育成や動物たちのお世話、生産した農作物や牛乳、卵の出荷を繰り返し少しずつ牧場を大きくしていくことがゲームの主な目的となっている。牧場での仕事以外にも舞台となる「花の芽村」の村人たちとの交流や季節のイベント、アイテム収集、花嫁候補となる5人の女の子との恋愛等々、お楽しみ要素は盛沢山。プレイヤーのスタイルに合わせて自由気ままな牧場ライフを楽しもう。

箱説無し:900~1200円 箱説有り:2500~3000円

すん

人気なのも頷けるな~。今遊んでも十分面白いし、ドットで描かれた動物たちもなかなか味があって可愛いね。

さぼろー

すんは『スターデュ―バレー』が好きだし、それの基になった『牧場物語』もきっと気に入るんじゃないかと思ったよ。やさしいタッチのドット絵、端々から温かみを感じられるテキスト、レトロゲームならではの味わいがある作品だね。

bokujou-monogatari-001

牧場物語【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.34】

SFCで発売された「箱庭ゲーム」のまとめ

さぼろー

最後にスーパーファミコンで発売された「箱庭ゲーム」について、ざっくりとまとめるとこんな感じです。

タイトル入手難易度一言
1.『シムシティー』★☆☆☆☆良アレンジ作品
2.『シムアース』★☆☆☆☆水は生命の源
3.『シムシティ2000』★☆☆☆☆ロード時間が長い
4.『A列車で行こう3 SV』★☆☆☆☆鉄道ファン必見!
5.『テーマパーク』★☆☆☆☆ものの見方が変わる!
6.『シムシティJr.』★☆☆☆☆ほぼ放置ゲー
7.『牧場物語』★★★☆☆ノスタルジー
★が多いほど入手困難です。

コンプリート(箱説有り)に必要な金額は⋯⋯

75008000円ぐらい

さぼろー

SFC時代は「箱庭ゲーム」というジャンルが確立して間もない頃ということもあって、全7タイトル中『牧場物語』を除く6タイトルがPCゲームからの移植作だったんだ。タイトルによってはUIがSFCに最適化されておらずコントローラーでは遊び難かったり、ハード性能の問題で頻繁に処理落ちしてしまったりと問題点だらけで、まだまだ家庭用ゲーム機への移植は厳しかったみたいだね。すんは実際に遊んでみてどうだった?

すん

そうだな~『A列車で行こう3 SV』と『牧場物語』は個人的にかなり良かったね。新作が出ているならそっちも遊んでみたいと思ったよ。

さぼろー

確かに!『A列車で行こう3 SV』は良移植だし、『牧場物語』についてはそもそも家庭用ゲーム機向けに制作されたゲームだから遊びやすいんだよね。ちなみにその2タイトルは最新機種でも新作が発売されているよ。最後にすんのオススメの『スターデュ―バレー』と一緒に貼り付けておくか~。

『A列車で行こう はじまる観光計画』NS専用タイトル

『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』NS / PS4

『スターデュ―バレー コレクターズ・エディション』NS / PS4

※家庭用ゲーム機向けに発売されているパッケージ版の商品リンクです。上記の3タイトルはダウンロード版も発売されています。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
ぽちろー

レトロゲームの市場価格が知りたいなら「駿河屋」がオススメだワン!駿河屋さんは定期的にセールもやってるので、気になったら覗いてみるワン!