ソウルブレイダー【さぼろーの今更ゲームアーカイブ SFC編 Vol.54】

ざっくり解説:『ソウルブレイダー』とは

soul-blader-001

『ソウルブレイダー』ストーリー紹介

フレイル王国を統治するマグリッド王は、物欲の激しい男であった。王が何よりも欲していたのは財産。世界を手に入れるほどの黄金を手にすること。彼の欲望は、ただそれだけであった。

あるとき、王は天才発明家レオの噂を耳にした。そして、ひとつの恐ろしい考えが彼の頭をよぎった。「悪魔と取り引きすれば、世界を手に入れるほどの富を得られるのではないか」。王はレオを監禁し、悪魔を召喚する機械の制作を命じた。そしてそれはレオにとっても難しい作業ではなかった⋯⋯。

王が召喚した悪魔の名はデストール。王はデストールに悪魔の力で世界中の黄金を手にしたいという願いを伝えた。それに対しデストールは、恐ろしい取り引きを提案した。「生き物の命一つにつき、黄金一つを交換しよう」と。

王と悪魔の取り引きは成立した。その日から一本の花、一羽の鳥というように、命が一つ、また一つと世界から消え去った。すべての生き物が消えたフレイル王国は、悪魔のしもべ、魔物たちの巣となっていった。

『ソウルブレイダー』取扱説明書より

『ソウルブレイダー』は1992年1月31日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用アクションRPG。開発元は『アクトレイザー』を手掛けた「株式会社クインテット」で、本作は同社にとって2本目のスーパーファミコン用タイトルとなる。

「私欲に溺れた国王と魔王デストールの取引によって黄金と引き換えに全ての生命が消え去った『フレイル王国』を救済するため、天空の神から遣わされた魂の勇者『ソウルブレイダー』が一人モンスターの群れに立ち向かい、封印された生き物たちの魂を解放していく」というのが本作のあらすじ。ダンジョン内の至る所に存在する「魔物の巣」から出現するモンスターたちを全滅させることで巣の封印が解け、そこに囚われていた魂が元の場所へと帰ることで新たなイベントが発生したり、直接ダンジョンのギミックが作動するなどし、先へと進む道が段階的に拓かれていく仕組みだ。

アクション面については率直に言ってしまえば「敵をボタン連打で殴るだけ」の単調な出来だが、ディストピアな世界観、シリアスなストーリー展開、「敵を倒すほどに一つ、また一つと街並みや地形が再建されていく」独特なゲーム体験が評価されており、SFC時代の隠れた名作として本作を挙げるレトロゲームファンは少なくない。

さぼろー

今なお熱烈なファンが多いことで知られるゲームメーカー「クインテット」により開発された、「世界の再生」をテーマとしたアクションRPG。魔物の巣を一つ、また一つと破壊する度に少しずつ町が再建されていき、それによって見えていたけど行けなかった場所、取れなかった宝箱に徐々に近づいていく時のワクワク感がクセになり、止め時を忘れて遊び続けてしまいます。いわゆる「クインテット三部作」の中では難易度は一番低く、謎解き要素も難しくないので、攻略法を調べるまでもなくゲームクリアまでスイスイ遊べるはずです。

ソウルブレイダー
  • メーカー:エニックス
  • ジャンル:アクションRPG
  • プレイ人数:1人
  • リリース日:1992年1月31日

中古相場

箱説無し:1000~1200円 箱説有り:2500~3000円

ぽちろー

アクションRPG作品群「クインテット三部作」の一つだワン。コレクター需要が高く、美品は直ぐに売り切れてしまうんだワン⋯⋯。購入をためらっている余裕はないワン!

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

関連作品(家庭用ゲーム)

スーパーファミコン(SFC)

SFCの「クインテット三部作」についてのまとめ記事

『ソウルブレイダー』の裏技

裏技情報はありません。

※当サイトにおいてゲームの「裏技」とは「特定のテキストやコマンドの入力」「バグを使用した技」などを指しており、通常プレイで再現可能な「小ネタ」「隠し要素」などに該当するものは含んでおりません。